April
23
2018
April
24
2018
予約のキャンセル
Loading...
0/5

都会の中の緑を満喫

コスモスクリエーション-アイカサ

コスモスクリエーション-アイカサ

アイカサ

アイカサ
思い出に残る旅 思い出の始まり

戦前の台中市街は碁盤の目のように区画され、その間を川が流れていたことから、小京都と呼ばれて、川とともに生きる暮らしがあり、文化が築かれていました。今でも、緑川、柳川、梅川は台中の街を流れ、歴史的な建て物が都会の一角に佇み、日本統治時代の文化の香りを感じることができるこの町は、新たな魅力が加わり、賑やかで豊かな都会の姿を見せています。そんな台中の街に、コスモスホテルグループがクリエーションブランドでは二つめのホテル「コスモスクリエーション-アイカサ」をオープンいたします。温かなおもてなし、自宅でくつろぐような気取りのない心地よさ、地域性を考慮した設計により、思い出に残る旅を演出しました。アイカサでのご滞在は、忘れられない思い出となり、再び訪れてみたいと思える旅をお約束いたします。

アイカサとは
コスモスクリエーション-アイカサ、まもなくオープン
コスモスホテルグループの新ホテルブランド「コスモスクリエーション」は、ご当地文化の特色を重視したカスタマイズホテルで、2016年夏に嘉義の大雅路にブランド1軒目の「コスモスクリエーション-サン ダイアログ」をオープンいたしました。そして、2016年の秋、コスモスクリエーションとして二つめのホテル「コスモスクリエーション-アイカサ」が、台中で最も賑やかな逢甲商圏にお目見えします。すっきりとした白とグレーをメインにしたデザインで、都会的でシンプルな雰囲気です。また、大量の植物と芸術作品を配置して、アイカサの特色である、賑やかな都会の中にいながらにして自宅でくつろぐかのような温かさが感じられる、知性溢れる雰囲気のホテルを実現させました。

コスモスクリエーション-アイカサのご紹介
忘れられない、思い出に残る旅
「コスモスクリエーション-アイカサ」は、都会の賑わいの中に、緑と木の香りが豊かで温かな生活感のあるホテルとして誕生しました。100の客室を有し、グレーと白のシンプルな外観で、大きな窓のある特徴的なデザインで、目の前には木々の緑、街の風景が広がります。生活の中での忘れられない思い出を結び付けると同時に、コスモスクリエーションブランド特有のご当地の特色を重視したコンセプトと気配りある設計をコラボしました。お客様にご自宅でくつろいでいるかのような温かさを感じていただき、創意と面白さを兼ね備えたリゾート体験をしていただきたいと願っています。

コスモスクリエーション-アイカサ マスコット –ジュビー
食いしん坊のシラサギが地元グルメを探すお手伝い
シラサギは台中を代表する鳥のひとつで、毎年決まった季節に群れをなして台中に渡ってき、秋風が吹くころになると、また群れをなして南へ移動していきます。他の仲間と違って、白い短パン、赤の帽子を身に付けたジュビーは、ラフな出で立ちでまさにリゾートの真っ最中、口には魚をくわえています。この食いしん坊のジュビーは、もはや渡り鳥ではなく、台中に留まっています。グルメのジュビーは、逢甲夜市のそばの「コスモスクリエーション-アイカサ」に居を構えて、美味しいものをたらふく食べて丸々と太ってしまい、もう飛ぶことができません。飛ぶことはあきらめて食べ歩く、ジュビーの至福の時です。

コスモスクリエーション Cosmos Creation
デザイン重視 地域性豊かな旅

コスモスホテルグループの新ホテルブランド「コスモスクリエーションCosmos Creation」は、選りすぐったデザイン性の高いライフスタイルを重視し、さらに、専門性の高いホテルデザインプランを開発するプロの経営チームを擁します。経営理念と経験を活かし、お客様のニーズを具体的に実行に移し、その価値を活性化させて、ブランド精神である” デザイン重視 地域性豊かな旅”を傘下の各ホテルに定着させたいと願っています。

ご当地の特色を活かし、カスタマイズされたサービスをブランドの核心価値とし、個々のホテルが独立した個性を有し、地元の自然、歴史文化を重視し、他に類を見ない独自の特色を有したホテル作りを進めて、地元色のある、心のこもったサービスでお客様をおもてなしいたします。コスモスクリエーションのホテルは、全て新しい物語のシナリオによって進められます。一貫した態度でお客様の夢を叶え、物語を創ることで文化を伝え、多くの方々に感動していただくことで、台湾、そして世界の各地からお越しくださる皆様に地域の特色ある思い出を残していただけるよう努力したいと願っています。

旅人のライフスタイルを提案
コスモスクリエーション Cosmos Creation は、ライフスタイルが創り出す多様な思いをひとつにする場です。3C(カルチャーCulture、カスタマイズCustomize、クリエイティブCreative)をコンセプトとして、新しい考えを統合して設計と運営を行ない、台湾の地方文化を結合させ、よいものを創り出し、この場を通して推し進め、つなぎ、それぞれの地方の文化や優れたものを集め、この場を利用して同じように文化を大切にするお客様や同好の士と分かち合いたいと思っています。それは、時に販売する場として、時に街角の商店として、時に宿泊施設として、様々な姿で登場します。そして、それが一種の生活態度であり、多様な文化、創意が融合する舞台でもあります。

外観
上品なグレーと白の建物が、陽光が降り注ぐ台中の町に映えます。台中は、緑、川の流れ、文化、思い出がいっぱいつまった町。

シンプルな四角形、凹凸、深い色調に光と影が、静かで上品な建築を構築。ホテル前の並木道と小さな川は、どことなく禅の趣を感じさせ、賑わう都会の中のオアシスのような存在です。